京都ロービジョンネットワークとは

京都府内の医療、教育、福祉及び視覚障害当事者団体が連携し、見えにくい・見えない方へ、支援に関する情報を提供することで、その方の生活の困難さを取り除き、その方が望む生活を実現することを目的とした会です。
2017年4月に設立され、現在12の構成団体が、京都府・京都市と協力して活動しています。
2018年4月に京都府版ロービジョンケア紹介リーフレット「さくら」(京都府版スマートサイト)を作成、運用開始しています。

  • 会則
  • 京都府版ロービジョンケア紹介リーフレット「さくら」 (京都府版スマートサイト)

リーフレット「さくら」2019年8月版(PDF形式)

リーフレット「さくら」の利用方法(PDF形式) (docx形式)

  • 構成団体及び協力機関

構成団体(12団体)

協力機関(2機関)

  • 京都府
  • 京都市

患者様をご紹介いただく医療関係者の方へ

補助具などの紹介のロービジョン相談や、日常生活などについてお困りの患者様がおられましたら、「京都ロービジョンネットワーク相談係」へ紹介ください。

お知らせRSS

これまでの主な活動

ダウンロード

◎京都府版ロービジョンケア紹介リーフレット「さくら」

◎医療・教育・福祉の関係機関一覧

◎「京都ロービジョンネットワーク相談係」について

◎用具一覧

◎白杖使用を勧めたい方へ

◎制度一覧

◎見えにくい子どもの子育てに悩んでおられる方へ