視覚障害児の保護者や関係者に向けた冊子 「えがおのいっぽ~見えない・見えにくい子どもたちとともに~」について

最終更新日時: 2018-12-01 18:23:47

京都府では、視覚障害児や聴覚障害児の発達を正確に把握し、子どもの力(強み)を見つけて伸ばしていくことを目的として、京都教育大学をはじめとした教育機関や、京都ライトハウス視覚支援あいあい教室などの専門機関と連携して、「障害児の強み育成推進検討会」を設置し、「障害児の強み育成推進事業」を進めています。

この度、本事業の一環として、「見えない・見えにくい子ども」を育てておられる保護者や関係者の方に向けて、日常生活を送る上でのポイントやヒントなどをわかりやすく紹介し、理解を深め、子どもの強みを見つけていただく一助となる冊子を作成しましたので、是非ご活用ください。

1 冊子のポイント(規格:A5サイズ、52p、カラー)

  1. 親しみやすい漫画やイラストを随所に配置
  2. 成長段階に応じたポイントやヒントをわかりやすく紹介
  3. 京都ゆかりで活躍されている方からのメッセージを掲載
  4. バリアフリーやユニバーサルデザインなどの社会的な取り組みを紹介し、相談窓口一覧を掲載するなど実用的な内容

※下記、京都府家庭支援総合センターHPより、「えがおのいっぽ」冊子のPDF版がダウンロードできます。

 

2 配布方法

京都府家庭支援総合センターHPへ掲載するほか、行政機関や各専門機関に配布(今後、音声読み上げにも対応予定)

内容イラスト:えがおのいっぽ

連絡先

京都府家庭支援総合センター
(〒605-0862 京都市東山区清水四丁目185-1)
相談・判定課 障害グループ
tel:075-531-9608 fax:075-531-9610